起業家の笑顔をデザインする

 

 

四方良し
(売り手よし・買い手よし・世間よし・神様よし)

よく聞く三方よしは、売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということであり、丸紅、伊藤忠など大企業の起源になっている近江商人の心得のことを言う。では四方よしとは、さらに神様よしまで加え、世界最古の歴史を持つ日本を守ってきた神様に喜ばれることは何かを考え、千年先も続く問題解決を目指し関わる人を笑顔にすることを目指します。

 

 

2030年の中期経営方針は、フリーランスは労働人口の過半数になるという予測も出ている中、自分の好きなことや得意なことを活かしてビジネスにしたいフリーランスや起業家を志す人を、弊社の得意分野であるデザイン&ライティングで100万人支援し笑顔にすることを目指します。

 

 

社   名 株式会社ハミオデザイン
代 表 者 代表取締役 仰木一弘
所 在 地 〒151-0053
 東京都渋谷区代々木5-34-22
創 業 日 2008年12月12日
資 本 金 ¥9,000,000
事 業 内 容 ウェブデザイン広告事業
セミナースクール運営事業
事務代行サービス事業
社会貢献事業
主要取引銀行 三井住友銀行新宿西口支店
千葉銀行富津支店
主要取引先 有限会社アイウエオフィス(作家の本田健様)
株式会社未来館(やずやグループ)他

 

 

ハミオデザイン代表取締役 仰木一弘
1977年8月30日生 / A型 / 千葉県富津市出身
大学卒業後、広告代理店にてチラシやポスターなどデザイン制作を担当。31歳で独立後は経験を生かし起業家からホームページやブログのデザイン作成を受注。相談の多くは集客に関することだったため最新のSNSやwebマーケティングも徹底的に研究しデザインに反映させてきました。その結果、企業研修やセミナー・講演の依頼を頂くようになり、文字通り、北は北海道から南は沖縄まで、過去12年で34都道府県10,000人以上の方にwebから集客できる秘訣をお伝えしてきました。またweb通販事業者や著名人などのFacebook/Instagram広告運用をし、総運用額は5000万円以上を超える。さらにGoogleMap店舗集客などもチカラを入れるなど常に最先端のwebマーケティング業界に精通している。
最近は日本の文化の象徴である神社・寺院に興味を持ち、その素晴らしさを現代人、そして未来の日本人に伝えるべく活動も行っている。ちなみに、ニックネームは8月30日生まれで、ハミオと呼ばれている。